2016年10月8日土曜日

ポンコツ

はじめてのオートバイは、スクラップ寸前を何処からか貰ってきて、根気よく直して、磨いて、見た目にもポンコツなのだが、それが楽しくて、あちこち遠方まで出かけた思い出がある。

さっき、GSX750の汚れたホイールを磨きながらそんなことを思い出した。
当時は、道具も無く、ホームセンターなんか無くて、近所の金物屋で使えそうな物を物色して、店主とも仲良くなった。
物を触って、それが動いて何処までも遠くへ連れて行ってくれる。
タイムマシンを手に入れたような時代だった。